全国で横輪町にのみ存在することから、この地域では、横輪桜と呼ばれています。

横輪桜は、今から150年前に、桂林寺にあったものを、

村人が各々の家に持ち帰り増やしたものとされています。

大きな特徴は、おしべが変化し、花びらになり、

開花と同じくして、葉もつき始めることです。

開花時期はソメイヨシノより、数日遅れ、花の大きさも、2〜3倍大きく、

濃いピンク色の大輪が年を重ねるごとに増え、

15年くらい経つと、12枚ほどの花びらをつけるものもあります。