明治8年(1771)10月5日、横輪村と矢持村の庄屋の会議で、
矢持上村の熊野神社を横輪向山に分社し、お宮さんを建立したことから、
宮山と呼ばれるようになりました。
明治42年当時、沼木村の5地区(横輪・矢持・上野・円座・上薗)にあった
各神社が一つに合祀され、現在は沼木神社として、上野町に祀られています。

宮山は、散策しやすい円形の小高い山で、山頂より集落を一望できます。

春には横輪桜が咲き乱れ、秋には棚田に稲穂が稔り、里山が紅葉する姿は
大変美しく目に映ります。

   
 
   
 
   
・サムネイルをクリックしてください。 拡大写真がご覧いただけます。