横輪町は山に囲まれた谷間であるため、特に冬季には風が山間を
激しく吹き抜けることから、この地域では「横輪風」と呼ばれています。
この「横輪風」を防ぐために「石積み」の技術が発達しました。

現在も「住居を守る石垣」や「棚田の石積み」が残され、
それが横輪町の里山風景のひとつになっています。

・サムネイルをクリックしてください。 拡大写真がご覧いただけます。